『「見えない」税金の恐怖 これは官僚によるタックス・テロだ!』 大村大次郎 著

今回は本ブログでもおなじみ、元国税調査官、大村大次郎氏の『「見えない」税金の恐怖』を紹介します。

“『「見えない」税金の恐怖 これは官僚によるタックス・テロだ!』 大村大次郎 著” の続きを読む

『わが夫 坂本龍馬 ―おりょう聞き書き』 一坂太郎 著

ひょんなきっかけで、坂本龍馬の妻おりょうの聞き書きという一冊を見つけ、読了していたため、今回はちょっと軽めの記事ですが紹介記事を書きたいと思います☆

“『わが夫 坂本龍馬 ―おりょう聞き書き』 一坂太郎 著” の続きを読む

『バビロンの大金持ち』 ジョージ・S・クレイソン 著

昨日、有名なロバート・キヨサキ著『金持ち父さん貧乏父さん』 を紹介した続きで、今回は1955年以来長く読み継がれている一種の古典的名著『バビロンの大金持ち』を紹介したいと思います☆

“『バビロンの大金持ち』 ジョージ・S・クレイソン 著” の続きを読む

『三条実美 維新政権の「有徳の為政者」』 内藤一成 著

今回は、明治維新を構成する一人の人物、公家出身の三条実美(さんじょうさねとみ)を紹介したいと思います。

“『三条実美 維新政権の「有徳の為政者」』 内藤一成 著” の続きを読む

『橋本左内 啓発録』 伴五十嗣郎 訳注

先日、越前藩(現福井県)の橋本左内を紹介したので、今回は、その左内の小著作『啓発録』ほか、書簡や漢詩を収録した一冊を紹介します☆

“『橋本左内 啓発録』 伴五十嗣郎 訳注” の続きを読む

『和宮(かずのみや)』 武部敏夫 著

幕末、孝明天皇の妹にあたり、幕府の将軍徳川家茂(とくがわいえもち)へ、朝廷から降嫁した和宮(かずのみや)、皆さんご存知でしょうか。今回はその和宮を紹介したと思います☆

“『和宮(かずのみや)』 武部敏夫 著” の続きを読む

『無税国家のつくり方』 大村大次郎 著

歴史と経済に関する書籍の紹介の多い本ブログになってきましたが、今回は、おなじみの元国税調査官の大村大次郎氏の一冊を、もう一つ紹介したいと思います☆

“『無税国家のつくり方』 大村大次郎 著” の続きを読む